悪用またも・・・
障害者団体向けの割引郵便料金制度が悪用された事件で、ダイレクトメール(DM)を制度対象と偽って大量に発送したなどとして、大阪地検特捜部は16日、郵便法違反容疑で広告主の大手家電量販店「ベスト電器」(福岡市)の元販売促進部長久保俊晴(51)、印刷・通販大手「ウイルコ」(石川県白山市)会長若林和芳(57)=15日付で辞任=両容疑者ら8人を逮捕した。
 ほかに逮捕したのは、「博報堂エルグ」(福岡市)の執行役員板垣信行(47)、障害者団体「白山会」(東京都)会長守田義国(69)両容疑者ら。
 また、大阪市の広告会社「新生企業」(現・伸正)社長宇田敏代容疑者(53)=同法違反罪などで起訴=ら2人を再逮捕した。
 特捜部によると、久保容疑者は「違法性の認識はなかった」と否認。若林容疑者は「事実は争わないが、真意については弁護士と相談したい」と供述し、他の8人は容疑を認めているという。
 逮捕容疑では、10人は共謀し2007年2月、ベスト電器のDMを制度対象と偽装。白山会など2団体を差出人として、9回にわたり計約214万通を顧客に郵送、正規の郵便料金との差額約2億4000万円を不正に免れたとされる。
 特捜部によると、これらのDMは正規料金が1通120円だが、7円程度で郵送されたという。宇田容疑者らがウイルコに割引制度を不正利用することを提案。同社から売り込みを受けた博報堂エルグがベスト電器に仲介し、ウイルコが制作、印刷したDMを新生企業を通じて発送していたとされる。(@niftyニュースより引用しました) 

弱者のための制度を悪用する何故こんなことがおきたのか原因の解明が待たれます。

d0127926_6405567.jpg

[PR]
by aokisorah | 2009-04-17 06:41 | その他
定額給付金申請書が届きました >>